健康ブログ

2020年09月20日

患者様の声(痛み治療)

      S様 50代男性 (主訴:背中・腰の痛み)         ケガ(背中の痛み)、後半は古傷の腰の治療を受けた。 当初は(特に初回〜2回目)かなりの痛みを伴ったが だんだんと鍼の痛みが減ってきて、効果を実感できた。       特に古傷は、病院、整体等にいっても 効果がない事がほとんどだったが トリガーポイント鍼は効果を感じながら受診できた。     アスリートや格闘技をやっている人なら、 通常のコンディショニング以外に トリガーポイント鍼をやった方がよいと感じる。         よく効くものほど副作用が強いと医学的にはいわれています。 出来るだけ患者さんには不快感や後日のダルさを軽減するよう努めていますが、 症状が悪い場合には仕方ないと思っています。 (もちろん患者さんが我慢できる程度です) 特にスポーツや武道をやっている方は パフォーマンス向上にも普通の方よりは我慢いただくと効果的です。 森田           もりた鍼灸院 住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号 電話番号 0422-47-8538 メールアドレス:moritaacu@gmail.com 営業時間 AM9:00〜PM8:00 定休日 不定休 アクセス 三鷹より徒歩3分 当院facebookページはこちら http://bit.ly/1TL7Zxy

$logo_alt
2020年08月15日

子宮頸がんワクチン接種について

    子宮頸がんはHPVワクチン接種で 予防可能ながんの一つです。       WHO(世界保健機関)をはじめ、 CDC(米国疾病予防センター)やEMA(欧州医薬庁)など 世界中の医療専門機関で接種が推奨されており、 欧米の多くの国では80%の接種率となっています。       一方、日本では、 数年前に定期接種化となったものの、 その直後には〝積極的勧奨の一時差し控え〟となり、 現在、日本産科婦人科学会は 積極的勧奨の再開を求めている状況です。       とはいえ、 日本でもHPVワクチンの定期接種 という位置づけに変わりはなく、 小学校6生から高校1年生は HPVワクチンを無料で接種できます。       ですが、日本での接種率は今や1%以下です。 少しでもリスクがあるものを薦めるのは無責任 という意見がありますが、 予防接種にせよ、治療にせよ、 100%リスクがないものはありません。       例えば、 インフルエンザワクチンも同様に 副反応はあります。       リスクより利益が大幅に上回るかどうか、 リスクをどのように最小限に抑えることができるか、 世界中の医師や医療研究者が 継続的に研究を重ねています。       幅広い研究で安全性や効果に対する 多くのエビデンスを客観的に評価して、 諸外国ではHPVワクチン接種率アップに 取り組んでいるのです。…

2020年08月08日

患者様の声(痛み治療)

          M様 60代女性 (主訴:五十肩、首肩凝り)       もりた先生の治療をはじめてから1年になります。 五十肩と首・肩のこりの痛みが酷く、 五十肩にいたっては夜も眠れないくらいでした。       最初の3ヶ月は治療後2日くらいは少し楽になるが、 すぐに元のように痛みがでて、 腕は上がらず、動かすと痛みが出ていましたが、 11月くらいから突然可動域が広がり、 夜も痛みが少なく眠れるようになりました。 3ヶ月ごとに治療の効果が上がっていったように思います。       現在は五十肩においては、 普通の生活で痛みを感じることはなく、 ストレッチの運動時に角度によって 部分的な痛みが少し残るだけです。 首と肩こりは仕事の関係上、慢性的にあります。       昨年の今頃は、左肩が動かず、 何をしてもズキっと痛みがあり、 触るのも恐いくらいでしたが、 約半年でその痛さを忘れるくらい動けるようになりました。 感謝しております。       2019年7月〜10月まで毎週1日通院 2019年10月〜2020年2月まで2週に1日通院 2020年3月後半から4月末までコロナの影響で休み 2020年5月以降は毎月1回通院         一概に五十肩と言っても、 症状をだしている筋肉は多数あり、 その筋肉に当たらないと効果は出ません。 この患者様は意外な筋肉である前鋸筋に 症状に関わるトリガーポイントがありました。 痛みの原因そのものに…

2020年07月15日

耳のかゆみ・痛みの思いがけない原因とは

こんにちは!もりた鍼灸院の河野です。 耳鼻科で異常なしと診断される 〝耳の痛み・かゆみ〟についてです。 耳垢を除去してもかゆみがとれないものや、 耳の中がズキズキと痛み、頭痛を伴うものもあります。   (※何か原因になるような心当たりがある場合は まずは病院を受診しましょう。)       ○筋肉の凝りが原因の耳のかゆみ 耳掃除をしてもすっきりしない耳の奥のかゆみや痛みの原因は 首や肩の凝りが原因で症状を出す事があります。   凝りと一概に言っても、 自覚できるものと自覚できないものもあります。   例えば、自覚できるものでは、 デスクワーク後や楽器演奏後の肩こりなどです。     自覚のない凝りは、 精神的ストレス、天候の変化でも 意識に上らないうちに筋肉は凝っている事があり、 痛みやかゆみに繋がる事があります。   最近は、コロナウイルスによる環境の変化やストレスで 体調を崩す方が増えてきている印象です。       ○耳の中の痛み・かゆみを根本から除去する方法 当院では痛みの原因(トリガーポイント)になっている 筋膜や腱に直接刺激を入れて、 根本から痛みの原因を除去する方法を行います。 刺激とは鍼特有の〝響き〟のことです。     痛みやかゆみの原因そのもの、 その場所にピンポイントで当たると 「あっ、そこそこ!」「私の痛い(またはかゆい)ところはそれだ!」 と自分で認識できる響きがでます。 (これを認知覚と呼びます)   ですので、症状と一致した感覚を鍼刺激で出す事で 耳の中の痛み・かゆみ、それに伴う頭痛の改善を目指します。         ○まとめ 器質的な異常がない耳の中の痛み・かゆみの原因は 首肩の凝りにあります。 中耳炎の様な痛みで耳鼻科を受診しても異常がない方が…

$logo_alt
2020年05月14日

鍼灸学生の時に考えておくべきこと

もりた鍼灸院の河野です。   新型コロナウイルスにより 社会情勢が一変して誰もが予想していなかった生活環境になりました。     鍼灸学校も6月開始を目処に動いていて 動画による遠隔授業で集団行動を避けるスタイルになります。     ここで実技について考えると、 一人で画像を見て勉強するのには限界があります。 しかし、やれるべき事はたくさんあります。     例えば、 いろんな鍼灸院へ治療を受けに行ったり、 先輩や開業されている先生方の所に勉強しに行く事が出来ます。     患者様にも言える事だと思うのですが、 いろんな鍼灸院を体験して自分の症状にあった鍼灸院を 見つける良いチャンスではないでしょうか。     私は卒業する前に色々な鍼灸院へ治療を受けに行きました。     ある鍼灸院に何回か見学に行った際に その先生は治療を続ける患者さんに 良くなっているのか悪化しているのか、 症状がどう変化しているのかを何も聞きませんでした。     私が患者さんに聞くと 「あまり変わらない(主訴:膝痛)」 と言われたのを覚えています。 その次の週もそのまた次の週も先生の対応は同じで 治療も同じ、結果も同じで 数回の治療で患者さんは来なくなりました。     担当の先生に聞くと 「もう治ったから来ないんだよ」 と言われ、これが鍼灸なのか・・と愕然とし、 治したくて治療院に来ているのに なぜ症状の変化を聞かないのか本当に不思議でした。     私自身、その治療を受けてみると 何も感じない鍼で症状にも変化がありませんでした。     このままで私は将来やっていけるだろうか・・ 私の目指している道はどこなんだろう・・…