健康ブログ

$logo_alt
2019年06月17日

首肩凝りからくる痛み、首肩凝りを予防するのにオススメの枕

こんにちは!もりた鍼灸院の河野です。 今回は「首のコリが及ぼす痛み」「首肩凝りを予防するのにオススメの枕」について書いていこうと思います。 あらゆる痛みはトリガーポイント鍼療法で解決できます!トリガーポイント鍼療法について詳しくは前回の記事をご参考ください。 トリガーポイント鍼療法ってどんな治療法?     ○歯の痛みの原因が首のコリにあった? 歯が痛くて歯医者に行ったけど、虫歯も見当たらず帰されてしまって今もずっと痛みが続いている、という患者様が先日ご来院されました。 その患者様は歯が痛くなる前日に結婚式にご出席されていました。それが痛みにどう関係してるの?と疑問に思うかもしれませんが問診をしていくと、新郎新婦の方を見るのに、右側に首を向けている時間が長かったそうです。つまり同じ姿勢を続けることでご本人様は無意識のうちに首に負担がかかっていたのです。自覚症状が無くても長時間同じ姿勢でいるのは筋肉(筋膜)にとってものすごく負担になります。   トリガーポイントの特徴として、 ◎長時間同じ姿勢などの筋肉(筋膜)に負荷がかかるとトリガーポイントが形成される ◎痛みを感じるのが腕や足だったとしても、原因は腰や首にあることも多々あって、痛い場所=原因というわけではない   という特徴がありますので、同じ姿勢の保持による首の凝りが原因で歯に痛みを出していたのです。 不思議に思うかもしれませんが、首肩凝りの治療をしていくことで歯の痛みはすっきりと消えていきます。 また、よくご相談いただくのが、 顔の引きつれ感や違和感です。首や肩が凝っていることで症状を出すことがほとんどです。     ○自分に合った枕で首肩凝り予防 枕の高さがあっていないことで、朝起きると首と肩が凝ってしまっている、ということを患者様からよく耳にします。 なので、自分に合った枕で眠るのも首肩凝りを予防するのには重要なことの一つかもしれません。 では、自分に合った枕とはどんな枕なのか?オススメの枕としては、スーパーなどで売っている安くて軽いビーズでできた枕です! 体調が日によって変わるように、筋肉の状態も日によって変わります。症状が辛い時は自然とその姿勢を避ける姿勢になりますが、 固定された高さや固さの枕では常に同じ姿勢になってしまいます。すると寝返りの数が多くなったり、首肩凝りの原因になってしまうのです。 筋肉の状態に合わせて様々に変化のできる枕を使えば首肩凝りを予防することができます!       当院ではどこへ行っても原因が分からないけど痛みで困っている、辛い症状を早く取り除きたい、 という患者様が多くご来院されます。原因不明の痛みでお困りの方は是非下記お電話、メールにて当院へご相談ください。     もりた鍼灸院   住所 東京都三鷹市井口5-1-10 電話番号 0422-47-8538 営業時間 AM9:00〜PM8:00 定休日 不定休 アクセス 三鷹より徒歩3分   当院facebookページはこちら http://bit.ly/1TL7Zxy

2019年06月09日

トリガーポイント鍼療法ってどんな治療法?

こんにちは!もりた鍼灸院、副院長の河野です。 これから皆様の健康に有益かつ役立つ情報を発信していこうと思いますので、よろしくお願いいたします(^ ^)   まずはトリガーポイント鍼療法ってよく聞くけど、どんな治療法なの?鍼灸って東洋医学でツボを使うのは知ってるけど・・・など、トリガーポイント鍼療法について患者様からよくいただくご質問にお答えしていきます!   鍼灸には色々な流派がありますが、ツボを使わない現代的な治療法にあたるのがトリガーポイント鍼療法です。     ○トリガーポイントってなに?   トリガーポイントとは痛みの原因(痛覚過敏部位)となっている部分のことです。 トリガーポイントは筋肉の表面にある「筋膜」や、骨と筋肉をつないでいる「腱」などにできます。 痛みを感じるのが腕や足だったとしても、原因は腰や首にあることも多々あります。痛い場所=原因というわけではない、ということです。 肩凝り、腰痛、膝痛の原因がトリガーポイント(筋膜)にある場合が多くあります。         ○トリガーポイントができてしまう原因は?   長時間同じ姿勢をしてのデスクワーク、同じ動きの反復、冷えや精神的ストレスなど、筋肉の同じ場所に負荷がかかったり、 筋肉に栄養を送り届ける血液の流れが悪くなると筋肉などの組織がトリガーポイント化しやすくなります。         ○トリガーポイントはどうすれば取れるの?   当院では痛みの原因になっている筋膜や腱に直接刺激を入れて、根本から痛みの原因を除去する方法を行います。 刺激とは、鍼特有の「響き」です。響きとは体の中でズーンと重たくなるような筋肉だけを摘まれているような、痛気持ちいい感覚のことで、 人によって様々な反応がでます。悪いところほど響きははっきりとでます。 原因そのもの、その場所にピンポイントで当たると「あっ、そこそこ!」「私の痛いところはそれだ!」と自分で認識できる響きがでます。(これを認知覚と呼びます)なので、響きがしっかりと出れば出るほど効果が現れます。この感覚が出る場所を見つけるのが最大の目標です。     肩凝りや腰痛、膝痛など痛みの原因になっている部分をいかに鍼で操りあてていくのかが、MTP(森田式トリガーポイント)の特徴です! なので鍼を打った時に「これは症状に近い感覚ですか?」と細かくお尋ねしていき、患者様と痛みの共有をしていきます。 また、鍼特有の「響き」を出すことで自律神経にも大きく影響することがあります。「鍼をするとよく眠れる!」など患者様からよくお声いただくのもその一つです。         ○まとめ   ・トリガーポイントとは痛みの原因になっている所のことで筋膜や腱にできる   ・長時間同じ姿勢などの筋肉に負荷がかかるとトリガーポイントが形成される   ・痛みの原因になっている筋膜や腱に直接鍼で刺激を入れて、痛みを根本から除去する治療法がトリガーポイント鍼療法の特徴です           痛みやしびれ、自律神経の不調でお困りの方は下記お電話、メールよりお問い合わせください。…

$logo_alt
2016年10月04日

この時期に多い疾患

先日沖縄から沖縄の鍼灸専門学校卒業した先生が治療所見学に参りました。 なかなか患者様の症状を改善ことができなくて悩んでいました。 私も開業して2年間は、色々悩んで現在の治療体系が出来上がりました。 その時助けていただいた先生方に恩返しするつもりで、悩みのある先生や学生の話を聞くことに しています。治療を受けに来たのに、ミニ講習会になってしまいました。(笑) さて、ここのところ天候がコロコロ変わりますね。おかげで普段ではそんなに多くない症例が増 えてきています。天候と人体の関係は昔からよく言われています。そして最近では様々な痛みや 症状が自律神経のアンバランスで発生することもわかってきています。 当院で最近増えているのは「腰の痛み」いわゆるギックリ腰や、首の痛みの「寝違い」などです 。通常の症例と違って疲労蓄積から起こるタイプで長引く事が多いようです。 予防法は疲れを溜めない事が重要ですが、どうしても逃れなれない場合はカイロ等を貼っておき ましょう。但し同じ場所には長時間貼らない事、その部分が温まりすぎると逆に循環が悪くなり ます。その理由は、カイロが貼ってある皮下の血液が温められ全身を回ると体温上昇が起こりま す。すると脳の中にあるサーモスタットが働いて体温が上がらないようにいちばん温度の高い部 分の血流を減らしてしまうからです。 それ以外には、ハリを使って筋膜、骨膜など色々なところに出来たトリガーポイントを刺激して コリを取除く方法が良いと思います。 もりた鍼灸院 住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号 電話番号 0422-47-8538 メールアドレス:moritaacu@gmail.com 営業時間 AM9:00〜PM8:00 定休日 不定休 アクセス 三鷹より徒歩3分 当院facebookページはこちら http://bit.ly/1TL7Zxy

$logo_alt
2016年08月11日

ニューヨークから帰ってきて・・・

7月17日~26日まで、アメリカ・ニューヨーク州にある2つの大学で講演と日本人鍼灸師、アメリカ人鍼灸師が開業している鍼灸クリニックでワークショップ、学生達の少人数レッスンと10日間充実した日々でした。 日本の鍼灸であるMTPはニューヨークで、いやアメリカで十分通用することが実感できました。これからも頑張っていこうと決意した10日間でもありました。 さて、ニューヨークの人たちと日本人では症状って違うんでしょうか?筋肉の質もボリューム違いますから当然なんですが、コリ方が異なっているみたいです。また施術対象も日本よりも精神的疾患が多いのかなと思いましたが、問診やデモンストレーションで治療してみると症状からくる「うつ」が非常に多いことに驚きました。日本では少ないんですけどね。 もりた鍼灸院 住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号 電話番号 0422-47-8538 メールアドレス:moritaacu@gmail.com 営業時間 AM9:00〜PM8:00 定休日 不定休 アクセス 三鷹より徒歩3分 当院facebookページはこちら http://bit.ly/1TL7Zxy

$logo_alt
2016年07月05日

筋膜リリース トリガーポイント療法って全部同じなんですか?

はじめに  1960年代にアメリカでトリガーポイントという概念が生まれましたが、4000年以上昔の中国医学系書物の中にもトリガーポイントらしき概念が記載されていると言われています。治療法の中には「トリガーポイント」とは言わずに別の名称で呼んで利用している治療法が沢山あるそうです。私は色々な治療を受けるのが好きなので、学会や旅行で出かけた際に予めインターネットのホームページ等で効果のありそうな治療院をチェックしています。トリガーポイント○○治療院、○○○研究会認定トリガーポイント療法、トリガーポイント整体など色々治療を受けました。  しかし殆どは私の期待を見事に裏切ってくれます。むしろ「トリガーポイント」という言葉を使ってない治療法が「トリガーポイント」を触ったり、鍼で当てていることが多いような気がします。不思議です。でも通常の鍼灸師は鍼を深く刺すことができないので、効果がないことがほとんどです。(深いところにあるトリガーポイントが症状に関わっていることが多い)  今から25年以上前、私が研究員していた関西鍼灸短期大学(現・関西医療大学)では黒岩師匠のトリガーポイント療法を他の先生達は大変嫌っていましたが、世界的にトリガーポイント療法が評価されると手のひらを返したように共同研究を持ち掛けてきたのを覚えています。ですから「トリガーポイント○○」という書籍やDVDが多く出版されれば、名前だけを語って治療を行っている先生は増えてくるのです。   黒岩師匠の鞄持ちをしていた頃、学会の懇親会で馴れ馴れしく「ヨー!黒ちゃん」と話しかけてくる先生がいらしたのですが、話が終わって別れてから「森田、あの人知ってる?」と聞いてきました。黒岩先生も知らない方だったのです。師匠は「まあ、講演会や勉強会に一回出席しただけでも勝手に弟子になっちゃう奴も多いからな~トリガーポイントの意味さえ理解してないのに、患者さんは知らないから勝手にトリガーポイント療法出来ます!と看板あげちゃうんだよね・・」困りものです。ハッキリと区別できるスケールが無いのです。  商売繁盛の為に「トリガーポイント療法」と言う言葉を使って患者様を集める治療院も多くなってきました。トリガーポイント療法とは何でしょうか。「雑誌に掲載されているから正しい」、「口コミNO.1だから間違いない!」ではなく、正しい知識で効果のあるトリガーポイント療法を選択できるようになっていただければ幸いです。 もりた鍼灸院 住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号 電話番号 0422-47-8538 メールアドレス:moritaacu@gmail.com 営業時間 AM9:00〜PM8:00 定休日 不定休 アクセス 三鷹より徒歩3分 当院facebookページはこちら http://bit.ly/1TL7Zxy