不妊治療

$logo_alt
2019年10月27日

原因不明不妊の隠れた原因は?

      クリニックで一通り検査を受けても不妊原因が見つからなかった場合、原因不明不妊と診断されます。 しかし「原因不明不妊=不妊原因がない」ということではありません。     検査では、そもそも調べることのできる不妊症の原因が限られているのです。 排卵された卵子が卵管に取り込まれない『ピックアップ障害』、精子と卵子が出会っても受精しない『受精障害』、卵子の質が影響し受精卵の成長が途中で止まってしまう『分割ストップ』などは、体外受精に進んでみて初めて明らかになる不妊原因です。     上記した、検査ではわからない隠れた不妊原因を仮に持っていたとしても、その原因をパスできた周期を迎えることで、自然妊娠する可能性は否定できません。     不妊鍼灸はその可能性を底上げする存在にもなりえます。 坐骨神経痛の鍼治療から妊娠、出産まで至った患者さまの治療体験をご紹介します。 ご協力いただきありがとうございます。     坐骨神経痛と不妊がどう関係しているの?と疑問に思う方も多いと思いますが、 実は、治療を進めていくと妊娠する方が多くいらっしゃいます。         ○患者様の治療体験記     一通りの検査を受けて、特に問題がなく原因不明の不妊症と診断されました。 できれば助成金の範囲内で授かりたいと考えていましたが、体外受精5回試みるもなかなか妊娠まで至らず半ば諦めかけていました。妊活は一旦お休みをして、坐骨神経痛の治療に専念しようと不妊鍼灸と痛みの治療に特化した治療院を知人から紹介してもらい、伺わせていただきました。   坐骨神経痛に関しては、整形外科では痛み止めを処方されるだけで根治には繋がらず、整体、カイロ、ツボや経絡への鍼灸、オイルマッサージなどいろいろ試したけど、日常生活をかろうじて送れるようになった以上は回復せず、どの治療家からも現状維持しかないと言われていました。河野先生からは初診時にまずトリガーポイント治療と今まで受けてきた鍼治療との違いを説明されました。妊活も坐骨神経痛も半ば諦めていたところでしたが、長期慢性化していた頑固な痛みは、お陰様で週に一度思い出す時があるかどうかまで消えました。それと同時期に自己流のタイミング法で授かることができました。 半ば諦めかけていた妊活と坐骨神経痛による痛み、諦めなくて良かったと、心から感謝しています。         ○鍼治療により骨盤内の血流が良くなったことが妊娠の要因?     不妊治療をしている患者さんの骨盤内の血流をエコーで確認すると、 血管が細くなっていることが臨床的に多く見受けられますが、 〝筋肉の凝り〟が骨盤内の血行を悪くしている原因の一つと考えられます。 長時間座り続けてのデスクワークや冷え、同じ動きの反復により筋肉は凝り固まってしまい、栄養を送り届ける血液の流れが悪くなってしまうと、坐骨神経痛などの体の痛み、ひいては不妊に繋がってしまうことがあります。 今回の症例は、坐骨神経痛の治療でお尻に鍼刺激を加えたことで、骨盤内の血流が良くなり妊娠まで至ったと考えられます。   (※鍼刺激とは鍼特有の響きのことで、体の中でズーンと重たくなるような、筋肉だけを摘まれているような痛気持ちいい感覚のことです。) ズーンと響かせることで自律神経の反射が起きるので血管が拡張します。 筋肉の凝りをとることが、血流を改善し、妊娠しやすい体への第一歩と考えられます。         ○まとめ いろんな鍼灸のやり方がある中で、…

$logo_alt
2019年10月17日

子宮内膜症に鍼は有効か

○子宮内膜症とは?     子宮内膜症とは、本来なら子宮の中にだけ存在するはずの子宮内膜の組織が何らかの原因で子宮以外のところ(卵巣、ダグラス窩、直腸、膀胱など)で 増殖、剥離を繰り返す病気です。 本来、子宮内膜は子宮の内壁の一番表面にあって、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンによって増殖し、妊娠する準備をしています。妊娠がおこらないと、月に1回子宮から剥がれて出血し、生理となりますが、子宮以外の場所で増殖した子宮内膜組織は腹腔内にとどまり、炎症や痛み、癒着(ゆちゃく)の原因になります。また、不妊の原因になっていることもあります。     ○鍼で癒着による腫瘤が消えるって本当?     (論文一部抜粋してます) 24例中、骨盤内に形成された癒着による腫瘍が縮小したもの5例 、消失 したもの2例 あったと報告されました。骨盤内に腫瘤に対して効果がみられたのはわずかに30%程度ですが、すでに出来上がった腫瘤が消失または縮小したという報告は我々婦人科医にとって大いに興味のあることです。これらの効果の発現はSSPの刺戟により骨盤内の血行が良くなったためだろうと説明されました。   参考文献:産婦人科領域のSSP治療について  友紘会総合病院産婦人科部長 大阪医科大学産婦人科非常勤講師 藤本昭   この論文では、関元、子宮、中極、三陰交に3-30Hzの 疏密波を30分間通電し、月経5~ 7日前から1日1回 、10回 行い、骨盤内の血行を良くすることが子宮内膜症に効果があったというものでした。   関西医療大学の黒岩共一先生によると、トリガーポイント刺激により交感神経を上回る副交感神経の亢進が起こるという研究報告があります。実際にトリガーポイント形成部位に鍼刺激を加えると、自律神経の反射が起きて血管が拡張しているのがエコーで確認できます。 さらに、ツボに対する刺激に比べて効果が2〜3日長く持続することもわかっているのです。鍼灸には様々な流派がありますが、トリガーポイント鍼療法は痛みやしびれ、自律神経に反応を出すにはピカイチの治療法です。   子宮内膜症をお持ちの患者さまに、骨盤内の血行を良くする目的でお尻の凝りをとっていくと、子宮内膜症による痛みがとれて、薬を飲まなくても大丈夫になった!今まで原因不明の不妊で悩んでいたけど、治療を続けたことで妊娠することができた!というお声を頂いています。   一つ症例を上げると、 34歳女性 腰痛と坐骨神経痛の症状で当院へお越しになりました。 腰とお尻周りのトリガーポイント形成部位に、2週間に一度のペースで半年間治療を続けたところ、腰痛と坐骨神経痛はもちろんのこと、子宮内膜症の症状が薬を飲まなくても良くなり妊娠・出産することができたという方も実際にいらっしゃいました。     ○まとめ いろんな鍼灸のやり方がある中で、 〝本当に効果のある不妊鍼灸〟をみんなに知ってもらいたい。 そんな思いで日々努めております。 もし、不妊鍼灸やってみようかな? と思っている方は是非当院に任せてほしいです。 皆さまが1日でも早く子宝に恵まれますように…   お問い合わせは下記のお電話、LINE@よりお待ちしております。 不妊治療専門ダイアル:0422-26-8338 LINE@:@nfc2885u Instagram→sakura_acu          …

$logo_alt
2019年09月24日

〝副交感神経〟を高める事が妊娠率アップに繋がるの!?

こんにちは!もりた鍼灸院の河野です! まずは自律神経ってよく聞くけどどういう働きをしているの? 不妊と自律神経がどう関係してるのかよくわからない・・ など、患者様からよくいただくご質問にお答えしていきます!   ○自律神経とは・・ 自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。体の活動時や昼間に活発になる〝交感神経〟と、安静時や夜に活発になる〝副交感神経〟があります。その二つがバランスをとる事で健康を維持しています。 ストレスや不規則な生活により自律神経の働きが乱れると体の器官に様々な不調が現れます。   ○妊娠率アップのカギは〝副交感神経〟 現代人の多くはストレス過剰で、交感神経が過剰に優位になりがちです。その結果、血管が収縮する事で血流が悪くなり、便秘や冷えなどの症状をはじめ、免疫力も低下してしまうのです。 副交感神経が高まることで、血管が拡張して血流をアップさせ、不妊の原因の一つとされる〝冷え〟を内側から改善することが可能です。   ○トリガーポイント鍼療法で副交感神経を高めましょう 鍼(ハリ)特有の「響き」を出すことで副交感神経が亢進する事が分かっています。東洋医学のツボによる刺激に比べて、トリガーポイント鍼療法の刺激の方が2〜3日多く効果が持続することもわかっています。 鍼をしたその日の夜は、副交感神経が高まった状態なのでぐっすり眠れます。体がポカポカして睡眠の質が上がるので目覚めの良さに驚きます。体を緊張状態から解放してあげて、赤ちゃんを迎える準備をしましょう^ – ^   不妊でお困りの方は下記メール、お電話よりお気軽にお問い合わせください。     もりた鍼灸院 住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号 電話番号 0422-47-8538 メールアドレス:moritaacu@gmail.com 営業時間 AM9:00〜PM8:00 定休日 不定休 アクセス 三鷹より徒歩3分 当院facebookページはこちら http://bit.ly/1TL7Zxy

2019年09月16日

着けて眠るだけ!オススメの基礎体温計

こんにちは!もりた鍼灸院の河野です! 基礎体温を毎朝同じ時間に起きて測るのが大変・・・ 朝の忙しい時間に計測して表に書き込む作業は確かにめんどくさい・・・ ということで、私も使っているオススメの基礎体温計【Ran’s Night for Smartphone】をご紹介させていただきます^ – ^ ○着けて眠るだけ!計測方法 パジャマのウエスト部に挟んで眠るだけで朝起きると計測ができています。 就寝中の6時間、10分おきに合計37回測定するので細かい体温の変化がわかります。 機器の内側、外側に配置した二つの温度センサが外気温と体温を別で測定します。     ○データ管理がWEBでできる 測定したデータは、機器が表示するQRコードをスマホやタブレットで読み取ることでWEB上で管理することができます。通勤中や暇ができた時に簡単にできるのが助かります。 データ送信先のサイトでは、その日の気分や体調の変化などを細かく記録する事ができます。   ○使ってみた感想・・ 使ってみた感想としては、就寝中の装着してる違和感もなく、着けていることを忘れるぐらいでした。なんと言っても手間がなく簡単なのが嬉しい!WEB内で自分の体調を細かく記録できるので、目で見て変化がわかり自分の体調と向き合ういいきっかけになるのかもしれません。お値段は 9,980円(税込)なので一般的な婦人体温計より高いですが、手間いらずでWEBでも管理できるので個人的にはありだと思いました。                                             ・基礎体温を測ることで妊娠率って上がるの? ・こんな人は基礎体温をつけましょう   Ran’s Night について詳しくはこちらから↓ https://plusstyle.jp/shopping/item?id=1       不妊でお困りの方は下記お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください^ –…

2019年09月02日

妊娠前の準備としてできること〜プレコンセプションケア〜

こんにちは!もりた鍼灸院の河野です!   妊娠前の準備として、日々の生活の中で自分を管理して、健康的な生活習慣を身につけることが大切です。具体的には、適切な食事・運動・睡眠という基本的な生活習慣を徹底することです。 生活習慣、体格、食事、サプリメント、運動など妊娠前に改善しておいた方が良いことなどをプレコンセプションケアの観点から一問一答形式でまとめてみました。   ※プレコンセプションケアとは? 将来の妊娠を考えながら、自分のカラダやココロの状態を知り、日々の生活や健康と向き合うこと。       Q1)太り過ぎや、痩せすぎはよくないですか?   A1)太り過ぎや、痩せすぎは妊娠率、生産率を低下させてしまいます。   適正BMIは20〜24、体脂肪率は19〜28%です。我が国ではやせが増えている傾向にあります。これは男性においても言えることなので、カップル揃って適正BMIを目指すことをオススメします。   ※BMI = 体重kg ÷ (身長m)2     筋肉の凝りが溜まることで、その凝りに関わる筋肉に脂肪が溜まりやすくなります。エコーで確認すると、霜降り肉のように映ります。 鍼で凝っている筋肉を緩めることで、脂肪を溜めにくくする体作りが出来ます。       Q2)食事はどんなことに気をつけるとよいですか?   A2)現代の日本女性は、1日の摂取カロリーが少なく、1日の平均量が1,500kcalです。厚生労働省のガイドラインでは30~49歳の一般女性の推定エネルギー必要量が2,000kcalとされていますので、それを大きく下回っているのが実情です。当てはまる方の多くは栄養が不足している状態です。朝ごはんを食べなかったり、お昼はおにぎりやカップスープなど手軽なものですませたりしている人も多いのではないでしょうか。   朝食を欠食することなく、三食しっかりバランスよく食べましょう。高タンパク、低血糖を心がけ、トランス脂肪酸は避け、不飽和脂肪酸を多くとるようにしましょう。   主食(ごはん・パン・麺など)、主菜(肉・魚・卵料理・大豆料理など)、副菜(野菜・いも・豆・海草料理など)を組み合わせたバランスの良い食事を心掛けると良いです。   摂取量の目安としては、1,950〜2,000kcalが理想的です。   適正な体を目指し、食事や運動習慣を見直しましょう。     ○妊娠の可能性を高める食生活   ・全粒粉など精製度の低い穀物をとり、血糖値を急激にあげるような精製度の高い炭水化物を減らす ・不飽和脂肪酸を多くとり、トランス脂肪酸を避ける ・植物性たんぱく質を多く摂り、動物性脂肪酸を減らす ・無調整乳か無調整牛乳を使った乳製品を摂る。低脂肪乳を減らす。 ・水を十分に飲む。コーヒー、紅茶、アルコール、砂糖入りの清涼飲料水は控える Q3)サプリメントは摂る必要がありますか?   A3)母体となる体内に栄養が十分に蓄積するには1ヵ月以上かかるので、妊娠1ヶ月前から400μg /日の葉酸サプリメントを摂りましょう。摂取することで赤ちゃんの神経管閉塞障害のリスクを低下させます。 葉酸だけでなく、葉酸の働きを助けるビタミンB6やB12のほか、赤ちゃんの発育に必要な鉄分やビタミンDなども含まれているマルチサプリメントを推奨しています。   鉄分のサプリメントを飲んでいる女性は排卵障害による不妊症のリスクが40%も低いことがわかっています。…