院長ブログ

$logo_alt
2021年10月29日

FSHが下がったのは鍼の効果?

  こんにちは。もりた鍼灸院の河野です。   先日、患者さんからこんな質問がありました。 「生理3日目に測ったFSHが前回は15を超えていたのですが、今回は8.2でした。これは鍼の効果なのでしょうか?」   今回FSHが下がった理由と鍼の効果の可能性について書いていきます。     ○採卵周期FSHが下がった理由 FSHは周期によって変動するホルモンなので、 たまたまこの周期が低かっただけの可能性も考えられますが、患者さんに詳しくお話を伺うと 前周期にピルを1週間服用していました。   ピルを使った後の生理開始直後は E2とともにFSHも 本来のその人の数値より抑えられる傾向にあります。   FSHが15だった際の前周期には ピルを服用していなかったことを考えると、 今回FSHが下がった理由は 前周期のピルによるものと考えられそうです。   このように、 FSHが高い場合、 カウフマン療法やエストロゲン補充療法を行い FSHを適正な数値に安定させてから 採卵周期に入るための治療を行います。   FSHが高いと採卵を行わない理由は、 排卵誘発剤の効き目が悪くなるためで、 一般的にはその目安は15とされています。       ○鍼(はり)でFSHは下がる? 前述したように、 FSHは周期による変動があるので 一概に鍼の効果を断言する事はできません。   ただ、日々患者さんを診ていく中で 当院で鍼灸治療をスタートしてから ピルの服用をしていないにも関わらず、 FSHが正常値まで下がるという変化を 目の当たりにしてきました。   医学的になぜFSHが周期によって変動するのか 原因がよくわかっていないのですが、   鍼をした周期にFSHが下がり、 鍼をお休みした周期にはFSHが上がる という変化を何人も診ていく中で 鍼が何かしらのFSHの変動に 関与しているのではないか? と考えるようになりました。…

2021年10月29日

患者様の声(不妊治療)

      I様 31歳 早発卵巣不全   低AMHで採れる卵も少なく、 卵胞もなかなか育たず、 やっとの思いで初期胚凍結できても 融解でダメになってしまう状況で 少しでも卵の質を良くしたいと思い、 通院を始めました。   今まで2〜4つしか採卵できなかったのが 鍼治療を始めてから8つも採卵でき、 さらに初めて胚盤胞を凍結することができました! (クリニックでは刺激法を工夫していただき、 一番良かった方法を続けています。)   今まで8mmギリギリだった内膜が 12mmまで厚くなり、 1回目の胚盤胞移植で陽性判定。 そして先日無事に心拍確認することができました。   肩こりやぎっくり腰、顎関節症など 様々な不調を治療していただきました。 お2人の先生にはたくさんサポートしていただき、 本当に本当に感謝しています。 落ち着いたらお会いしに行けたらと思っています。       この度はご懐妊誠におめでとうございます。 約3年という長い治療生活、茨の道だったと思います。 当院をご利用していただき、 色々な質問をしてくださったおかげで たくさん学ばせていただきました。 心より感謝申し上げます。 妊娠後期に入ると腰痛、膝痛、首のコリなどが出てきたり、また妊娠高血圧症候群の予防にもなりますので、 またお困りの際はいつでもいらしてくださいね。     河野     もりた鍼灸院 住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号 電話番号 0422-47-8538 メールアドレス:moritaacu@gmail.com 営業時間 AM9:00〜PM8:00 定休日 不定休 アクセス 三鷹より徒歩3分 当院facebookページはこちら http://bit.ly/1TL7Zxy

2021年10月26日

患者様の声(不妊治療)

      鍼灸院は何軒か周りましたが、 効果を感じられずこちらに辿り着きました。 長年の悩みであったしびれも改善し、 耳鳴り、頭痛など毎回的確に治療してくださいました。 お陰様で現在20週になり妊娠継続しています。 感謝しております。     不育症検査を一通り受けて 原因不明不育と診断され、 当院を見つけてご来院された患者様です。   初診時に確認したエコーでは血流も悪く、 坐骨神経痛による足のしびれに加え、 足の冷えもある状態でしたが、 数回の治療でしびれも改善し、 血流も良好になったところで 人工授精に挑まれました。   ある論文には、 「原因不明の不育症女性の中には子宮動脈血流が不良な一群がある」 と記載されています。 骨盤内の血流を良好に保つことが 確実に妊娠継続を助けるのだと思っています。   河野     もりた鍼灸院 住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号 電話番号 0422-47-8538 メールアドレス:moritaacu@gmail.com 営業時間 AM9:00〜PM8:00 定休日 不定休 アクセス 三鷹より徒歩3分 当院facebookページはこちら http://bit.ly/1TL7Zxy

$logo_alt
2021年10月02日

アンケート調査ご協力のお願い

  日頃より格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 この度、店舗拡大を目的に、開院場所に関するアンケート調査を実施する運びとなりました。 お忙しいところ恐れ入りますが、下記のアンケートにご協力いただき、ご意見お聞かせ願えますと幸いです。     → アンケート調査ご協力のお願い     もりた鍼灸院 住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号 電話番号 0422-47-8538 メールアドレス:moritaacu@gmail.com 営業時間 AM9:00〜PM8:00 定休日 不定休 アクセス 三鷹より徒歩3分 当院facebookページはこちら http://bit.ly/1TL7Zxy

$logo_alt
2021年09月03日

ぎっくり腰の治し方

  こんにちは。もりた鍼灸院です。   この時期、ぎっくり腰が多くなってきます。 先日、ギックリ腰の患者さんが4人続きました。 同じ腰痛ですが、対処法はそれぞれ異なります。 おふたりは整形外科や整骨院に通院、 約1週間経過し腰痛は3日位前から変化がなく、 寝て起きた時に強く傷み、 長時間の同じ姿勢では段々傷みが強くなるそうです。   あとの1人は来院前日に重たい物を持って 「ギクっ」となって 痛みの為に夜も寝れなかったそうです。   そして最後の1人は、 腰痛で自宅で動けなくなった 70代後半の女性の方です。   腰痛でも色々な原因があり、 筋肉・筋膜が原因でも 治療部分や刺激量を間違えると なかなか改善しないのが難しいところです。   腰痛の対応について 当院のトリガーポイント鍼療法についてまとめました。       ○腰痛の原因を探る?   初めて腰痛になった患者さんは、 一般的には整形外科に行かれることが多いと思います。 そこでレントゲンを撮って骨に異常がなければ、 痛みが強い時は痛み止めの注射と湿布などの投薬をして終わりです。   弱い痛みの場合にはリハビリで 運動療法と物療機械(電気など)や 牽引(腰を引っ張る)を受けると思います。   年齢によっても治療結果は変わりますが、 ①「ギクっ」とした時の痛みは無くなり、ある一定の動作(朝起きた時など)だけ痛い ②「ギクっ」とした時の痛みは無いが、まだ痛みがあり日常生活に問題が出る ③しばらくして、また「ギックリ腰」になった。 ④全く何も変わらず、ひどくなってきている。(別な部分が強く痛くなってきた)   上記の①~③は殆どが 筋肉(筋膜)や骨膜(骨を包む膜)、 靭帯などの軟部組織の可能性が疑われます。   季節の変わり目(気温差が激しい)、 クーラーの効いた所から暑いところに出たり、 いつもにはない行動パターン(出張、旅行、大掃除など)を行うと自律神経が乱れたり、 筋肉疲労によって血液循環が悪くなり、 それが原因となり痛みを引き起こすと考えています。…