クロミッドやセロフェンの作用について

 

 

クロミッドやセロフェンは、

不妊治療において

最も用いられることの多い

排卵誘発剤のひとつです。

 

 

 

本来はなかなか自力で排卵することが難しい、

排卵障害がある方に用いられるお薬です。

 

 

 

セキソビットなどの内服薬に比べて、

排卵させる力が強いので第一選択薬として

よく使用されています。

 

 

 

脳下垂体からの

FSH(卵胞刺激ホルモン)分泌を

促進させるお薬のため、

排卵障害をお持ちの方が

スムーズに排卵できるようになるところも

過去の患者様を通して私自身

目の当たりにしてきました。

 

 

 

ただし、クロミッドやセロフェンは

その抗エストロゲン作用が弊害となり、

継続的な服用で

頸管粘液が減少したり、

子宮内膜が薄くなるという欠点があります。

 

 

 

特にタイミング法でこの薬を使って

妊娠にチャレンジしている場合は注意が必要です。

排卵を促すことができても、

精子が子宮頸管を通過しにくくなってしまっては

本末転倒だからです。

 

 

 

その為、

精子が自力で頸管を泳がなくても子宮に入れる

人工授精と相性が良いと言われています。

子宮内膜が薄いと判断された場合は

別の排卵誘発剤が選択されます。

 

 

 

また、クロミッドやセロフェンは、

排卵障害がない方に用いた場合、

複数の卵胞成熟が期待できる(※年齢や体質など、個人差はあります)ため、

体外受精においても使われています。

 

 

 

この場合、調節卵巣刺激を行なっても

十分な卵子が採れない場合に用いられます。

 

 

 

最後に。

ホルモンは血液によって運ばれるため、

鍼灸治療と併用することで血流を促し、

結果として薬の効きが良くなることがあります。

いずれにしても、不妊治療において

血流の良い状態を作っておく事は

重要と考えられます。

 

 

 

参考文献

・図説よくわかる臨床不妊症学(中外医学社)

・不妊・不育診療指針(中外医学社)

・高齢不妊診療ハンドブック(医学書院)

・不妊症・不育症治療(メジカルビュー社)

・臨床婦人科産科 卵巣刺激・排卵誘発のすべて(医学書院)

・不妊治療を考えたら読む本(講談社)

 

 

 

 

不妊鍼灸については下記のお電話、LINE@にてお気軽にお問い合わせください。

不妊治療専用ダイアル:0422-26-8338

LINE@:@nfc2885u

 

 

 

もりた鍼灸院

住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号
電話番号 0422-47-8538
メールアドレス:moritaacu@gmail.com
営業時間 AM9:00〜PM8:00
定休日 不定休
アクセス 三鷹より徒歩3分

当院facebookページはこちら
http://bit.ly/1TL7Zxy