あえて弱い刺激を選ぶこともある

 

 

卵巣の刺激法には様々なものがありますが、

施設のポリシーや、患者様の状況によっても

大きく変わってきます。

 

 

 

体外受精で採卵をするにあたって、

卵巣機能がある程度しっかりしていて、

月経期に卵胞が複数存在していれば、

注射などの強い刺激をすることで、

たくさんの卵胞が

育ってくれる可能性があります。

 

 

 

逆に、

卵巣機能が低下を招いていて、

月経期に卵胞の数自体が少なければ、

仮に注射を毎日打ったとしても、

育ってくれる卵胞の数は

大して増えてくれません。

 

 

 

採卵あたりの妊娠率は、

簡易刺激に比べて

たくさん卵子が採れる高刺激の方が

高いとされている為、

 

 

 

「自然周期採卵だと

採れる卵の数が少ないので、

注射で刺激してくれるクリニックに

行きたいんです」

とおっしゃる方もいますが、

 

 

 

例えば、

ホルモン値も良くなく、

AMHも低く、

月経期内診時にも見える胞状卵胞の数が

少ないのであれば、

自然周期でも刺激周期でも、

採れる卵の数に

そう大差がでないかもしれません。

 

 

 

その為、

AMHを含めたホルモン値や、

月経期の内診時に見える胞状卵胞の数などを

参考にした上で、

刺激したら本当に卵胞が

たくさん育ってくれるのかを推察した上で

その人に一番適した刺激法を決めていくことになります。

 

 

 

卵子はたくさん採れた方が良いのですが、

元々発育中の卵子が多いPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の方は

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)が起きる可能性が高い為、

強い刺激には注意が必要と言われてます。

 

 

 

参考文献

・図説よくわかる臨床不妊症学(中外医学社)

・不妊・不育診療指針(中外医学社)

・高齢不妊診療ハンドブック(医学書院)

・不妊症・不育症治療(メジカルビュー社)

・臨床婦人科産科 卵巣刺激・排卵誘発のすべて(医学書院)

・不妊治療を考えたら読む本(講談社)

 

 

 

不妊鍼灸については下記のLINE@またはお電話にてお気軽にご相談ください。

LINE@ID:@nfc2885u

TEL : 0422-26-8338

 

 

 

もりた鍼灸院

住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号
電話番号 0422-47-8538
メールアドレス:moritaacu@gmail.com
営業時間 AM9:00〜PM8:00
定休日 不定休
アクセス 三鷹より徒歩3分

当院facebookページはこちら
http://bit.ly/1TL7Zxy