喉の痛みを一瞬で治す方法

 

 

こんにちは!もりた鍼灸院の河野です。

最近季節の変わり目により体調を崩される方は多いのではないでしょうか?冷房と外の気温差で自律神経的にも不調を訴える方が増えてきている様に感じます。今回は「喉の痛み」について私の体験談を書いていこうと思います。

 

 

 

○喉の痛みや違和感は鍼ですぐに良くなるの?

 

最近は気温や天候が安定しない事や朝晩の寒暖差により体調を崩される方が多いのではないでしょうか?私もその一人で最近喉が痛くなりました。時期的にも風邪かな?と思い、そろそろ悪化する前に病院を受診しようと思っていた所でした。たまたま首肩凝りがひどかったので、森田先生に首肩凝りの治療をお願いしました。

すると驚いた事に、翌日目が覚めると喉の痛みとイガイガした感覚がすっきりなくなっていたのです!私自身、喉の痛みが悪化すると毎回咳が長引いていたので、悪化する前に薬を飲まずに治った事に感動しました(笑)↓その時のお写真がこちらです
IMG_0460

喉の炎症による腫れが、鍼による首や肩の循環改善によって痛みが消失したと考えられます。効果を得るためには、鍼特有の「ズーン」とした感覚(響き)を鍼で出す事がポイントです!

響きとは体の中でズーンと重たくなるような筋肉だけを摘まれているような感覚で、人によって様々な反応がでます。

 

学生時代、咳に効くと言われるツボを押すと効果があると先生に言われ実践した事がありました。同級生の中には「本当に咳が一瞬止まったよ!」と感動してる方もいました。一瞬かよ!と思わずつっこんでしまいましたが(笑)吐き気に効くといわれるツボなど先生が言ってることは色々試してみましたが私の場合、全く効果がありませんでした。学校ではツボを中心に勉強しますが、勉強しながらもツボってプラシーボなんだなーとそれはそれでアリなのか?と思った事を思い出しました。

 

話がそれましたが、

森田先生自身も喉が痛い時に首肩に鍼(ハリ)をした事で良くなったことがあり、患者様でも喉の違和感、痛みを訴えてご来院される方も多いです。

 

 
○鍼って痛いの?

よく新規の患者様に「鍼って痛いの?」とご質問を頂きます。確かに、トリガーポイント鍼療法は痛みの原因になっている深い筋肉に鍼を入れていくことが多いので、痛そうなイメージあるかと思います。

誰もが経験したことがある注射は何ともいえない痛さがあるかと思います。私達が使用する鍼は「ズーン」「ズキッ」あるいは「症状と似た様な、痒いところに手が届く様な感覚」を出すので、注射の様な痛すぎるということはないかと思います。お身体の状態によって鍼の感じ方には個人差個体差があるので、もちろん患者様一人一人の状態に応じて適切な刺激で無理のない治療をしていきます。

 

 

 

○まとめ

・喉の痛み、違和感は鍼でズーンとした感覚を出す事で即時効果がある

 

・治療は鍼特有の「響き」がある(響きとは体の中でズーンと重たくなるような筋肉だけを摘まれているような感覚のこと)

 

・鍼の感じ方には個人差個体差があるので、患者様の状態に応じて適切な刺激で無理のない治療をしていく

 

 
喉の違和感や痛み、その他辛い症状でお困りの方は是非下記のお電話、メールにてお問い合わせください。

 

 

もりた鍼灸院

住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号
電話番号 0422-47-8538
メールアドレス:moritaacu@gmail.com
営業時間 AM9:00〜PM8:00
定休日 不定休
アクセス 三鷹より徒歩3分

当院facebookページはこちら
http://bit.ly/1TL7Zxy