手技療法の筋膜リリースと鍼による筋膜リリースの違いってなに?

 

 

こんにちは!もりた鍼灸院 副院長の河野です。

 

今回は「筋膜リリースのやり過ぎによる体の痛み」についてトリガーポイント鍼療法との違いも含めて書いていこうと思います!

 

 

 

 

○筋膜リリースとは・・・

 

まず「筋膜」とは筋肉を包んでいる膜のことです。筋膜は薄い膜でできているので、運動や同じ姿勢を長時間続けたり、筋肉に負荷がかかることで癒着(膜などが、炎症などのためにくっついてしまうこと。)してしまうことがあります。

 

筋膜リリースとは、筋膜の委縮・癒着を引き剥がしたり、引き離したり、こすったりすることで、腰痛などを治そうというやり方です。筋膜リリースは筋膜はがしと呼ばれることもあります。

 

 

 

 

○筋膜リリースのやり過ぎによる症状悪化の症例

 

肩や首が過度に凝り固まっていたり、運動のやり過ぎによる筋肉の炎症が起きていたり(いわゆる筋肉痛)、

筋肉が疲れている状態でストレッチボールやポールでゴリゴリやってしまうと、筋膜の炎症が悪化してしまい症状をさらに強く出してしまったということを意外と多く耳にします。

 

患者様の中で肩甲間部にストレッチポールを入れて、ゴリゴリしていたらピキッと痛みが走ってその後ずっと痛みが続いている、という患者様がご来院されました。その患者様はサーフィンをやった直後で筋膜が炎症していたことで、さらにストレッチボールの負荷により症状が悪化してしまったのです。

 

 

 

 

○トリガーポイント鍼療法で肩凝り・腰痛を改善

 

癒着した筋膜を剥がすことで、凝りや腰痛を改善しようとするのが筋膜リリースですが、深い所に原因がある場合、手技療法では厳しいことも多々あります。実際に腰痛の患者様で「骨盤の奥の方が痛い」という方もいらっしゃいました。

この場合、なかなかマッサージなどで症状を取ることは難しいです。

 

 

トリガーポイント鍼療法では、肩凝りや腰痛の原因になっている筋膜に直接アプローチしていきます。

 

「私の痛いところはまさにそこ!」という感覚を鍼で出すことで辛い症状はスカッと良くなります。(個人差個体差はあります。)

ありがたいことに、初めてトリガーポイント鍼療法を体験された方は「早く来れば良かった!こんなにすぐ症状が取れると思わなかった」と驚かれて帰られます。

 

 

 

☆まとめ

 

・筋膜リリースのやり過ぎで症状が悪化することがある

 

・トリガーポイント鍼療法は手技療法では届かない深部の筋までアプローチでき、凝りや痛みを根本から除去できる

 

 

 

筋膜リリースで症状が強くなってしまった、長年腰痛で困っているなど辛い症状でお困りの方は

ぜひ下記のお電話、メールにてお問い合わせ下さい(^ ^)

 

 

もりた鍼灸院

 

住所 東京都三鷹市井口5-1-10
電話番号 0422-47-8538
営業時間 AM9:00〜PM8:00
定休日 不定休
アクセス 三鷹より徒歩3分

 

当院facebookページはこちら
http://bit.ly/1TL7Zxy