タイミング法が排卵前がいい理由

こんにちは!もりた鍼灸院の河野です!

 

 

 

 
患者さんの不妊治療のステージは体外受精が半数以上を占めるのですが、ときより、体外受精のお休み周期中に自然妊娠されるケースがあります。もしも行為を持つことが難しくなのであれば、お休み周期中はタイミングをとられることをオススメしています。性交の頻度が普段から2〜3日に一度くらいコンスタントにあるのであれば、特にタイミング時期を意識する必要はありません。(どこかしらタイミングが合う確率高いので)しかし、仕事疲れや忙しさなどの理由で、1回の性交をもつことが貴重なのであれば、やはりタイミングを図ることは重要になります。ちなみにタイミング法は排卵”後”よりも排卵”前”の方が統計的にも妊娠率が優位に高くなると言われています。その大きな理由2つを解説してみました。

 

 

 

 

 
○精子と卵子の寿命の違い

精子が女性の子宮や卵管内で受精能力を持っていられる日数は一般的に、3〜5日程度です。対して卵子は半日〜長くて1日の寿命と言われています。
精子が卵管膨大部で待っている間に、幸運にも卵子がやってきたら、精子たちは、それを一斉に取り囲みます。排卵してから精子だけが行く、つまり卵子が精子を待つ状態もあり得ますが、卵子は残されている時間が短く、精子は相対的に長いのでそれぞれの寿命を考えると、〝排卵前〟に精子が卵子を待ち構えている状態の方が受精の確率は上がるというわけです。

 

 

 

 

 
○エストラジオールの作用
卵胞(卵子を包む膜)から分泌されるエストラジオール(エストロゲンの一種)の作用で、子宮内膜を分厚くしたり、子宮頸管から粘液(おりもの)を増やします。膣は平素は強い酸性となっていて、カビや雑菌を防いで清潔を保っています。しかし、酸性の環境は、菌だけではなく精子にとっても非常に過酷な状況です。そこで、排卵が近づくと、頸管粘液が増えてきて、精子の通り道を作るのです。この頸管粘液によって精子が子宮内に入りやすくなるので、粘液が多い時期にタイミングを測ることで卵子と受精する確率が上がるというわけです。

 

 

 

 
卵胞の大きさに比例してエストラジオールも増えてきますが、排卵が終わると、エストラジオールは低下していき、粘液の量も少なくなってしまいます。なので、最もエストラジオールが分泌されていて、粘液の最も多い〝排卵前〟がタイミングを測るのに一番望ましい時期といえるのです。

 

 

 

 

 
○海外の排卵検査薬
自己流タイミング法の補助ツールとして排卵検査薬があります。これ、たまに「排卵検査薬を使っても毎周期イマイチ綺麗に陽性がでず、排卵時期があやふやなんです。。」とおっしゃる方がいます。おそらく排卵検査薬の感度の問題だと思うのですが。私自身、日本製の排卵検査薬を数周期使って上記のような状態だったのですが、アメリカ製のA-CHECKに変えたらかなりはっきり出るようになりました。排卵検査薬でお悩みの方はご参考までに。また、多嚢胞性卵巣症候群の方はLHの基礎値がそもそも高いことが多いので、感度のいい排卵検査薬はよりマイナスになってしまうかもしれません。

 

 

 

 

○当院の不妊鍼灸について
トリガーポイント鍼療法は痛みやしびれ、自律神経にアプローチするのに効果的な治療法です。鍼刺激を加えることで、血流を悪くしている筋肉のコリや痛み、しびれの改善だけでなく、副交感神経が相対的に高まるので体はリラックスした状態になります。一般的な鍼治療ではツボを使う事が多いですが、トリガーポイント鍼療法は不妊と関係のある深部筋へアプローチする事で骨盤腔内の血液循環を改善するのでより高い効果が期待できます。子宮および卵巣の血流の改善は妊孕性の向上と関連しているので、卵巣の微小循環が活発になることは、すなわち卵子の成長や成熟に影響を与えると考えられています。また、当院ではエコーを使い筋膜の状態や不妊に関わる血流の流れを確認しながら施術をしていきます。

 

 
不妊鍼灸については下記のお電話、LINE@にてお気軽にお問い合わせください。

 

 
不妊治療専用ダイアル:0422-26-8338
LINE@:@nfc2885u

 

 

 

 

 

 

もりた鍼灸院

住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号
電話番号 0422-47-8538
メールアドレス:moritaacu@gmail.com
営業時間 AM9:00〜PM8:00
定休日 不定休
アクセス 三鷹より徒歩3分

当院facebookページはこちら
http://bit.ly/1TL7Zxy