日テレ、スッキリ不妊治療3Days 費用やクリニック選びについて

image1 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!もりた鍼灸院です(^ ^)

 

7/9(火)〜7/11(木)9時ごろ
日テレ、朝の情報番組『スッキリ』で不妊治療について3日間に渡り特集していただけるみたいですね。それだけ皆さん悩んでいる方も多く注目度が高いのがわかります。1日目は不妊症の定義やかかる費用、どの様に治療を進めていくのか、また最先端技術やクリニックの先生のお話など盛りだくさんでした。2日目は「男性不妊について」3日目は「不妊治療とその後」だそうです。

司会の加藤浩次さんが不妊治療の保険適応について、全国放送ではっきりと意見してくれたのはまさにスッキリでした笑 社会の問題として一人でも多くの人が関心を持って世の中の理解が深まればいいなぁと番組を観て思いました。

今回は番組でも取り上げられていた費用やクリニック選びでやってはいけない事について書いていきます。
☆タイミング法
超音波や基礎体温、尿中黄体化ホルモン(LH)測定などにより排卵日を測定し性交を促す方法のこと。
☆配偶者間人工授精(AIH)
精子を女性の子宮に注入することによる受精補助

【メリット】
❶妊娠率の向上❷比較的安価(1〜5万円/回 保険適応外)

【デメリット】
❶総計で高額に(繰り返し治療を受けることで高額となる。また、特定不妊治療助成事業による援助も受けられない)

【その他】
❶4回までの妊娠率は90%超え(通常、クリニックでは約6〜8回程度行い、うまくいかない場合は次の段階である体外受精に進む事が多い。)

❷排卵誘発剤使用も妊娠率に変化なし?
自然の月経周期で行うより、過排卵刺激法(排卵誘発剤を服用することで数多くの卵子を同時に排出させる技術)を併用すると妊娠率が上昇すると言われていますが・・・梅が丘産婦人科(H 16ー18)が公表している資料では、妊娠率の向上はさほど認められない。その一方で、多胎妊娠率の上昇が指摘されています。
☆体外受精(IVF)
受精を生体外で人為的に行い、その後体内へ注入する方法。
☆顕微授精(ICSI)
精子を直接卵子に注入する方法。

【メリット】
❶人工授精より高確率
❷精子一匹で受精可能
無精子症でも体内の精子を採取出来れば妊娠可能。受精卵を子宮内に戻すため、あとは着床さえすれば妊娠が成立する。

【デメリット】
❶高額

費用が一回あたり30〜100万円(クリニックにより異なる)と高額である。保険が適用されないため全額自己負担。スッキリでは平均30〜40万円程と説明されていましたが、たしかに安いクリニックもありますが皆様の平均ではないように感じました。
クリニック選びでやってはいけないこと2つ
先日初診でご来院された患者様ですが、数回、体外受精がうまくいっていなかったのですが、話を伺っていくと正直あまり良い噂を聞かないクリニックでした。
選んだ理由としては、「他のクリニックより体外受精の値段が安かった」「家から近かった」との理由でしたが、私としては、この二つはやってはいけないことの二つだと思っています。なぜなら体外受精の技術はクリニックによって異なり、体外受精の技術力は妊娠率に大きく影響するからです。これは間違い無いです。
たしかに「金銭的な理由」や「時間的な理由」で決めざるをえない方がいらっしゃるのはわかりますが、成功率がきわめて低ければ回数を重ねるごとに結果的に、費用はかさんでしまいます。ただ近いから、他より安いからという理由だけでうまくいってないのであれば、少し費用がかかってしまってでも、遠くまで足を運んででも技術レベルの高い不妊専門クリニックに足を運ぶことをオススメしています。

 

 

 

もりた鍼灸院

住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号
電話番号 0422-47-8538
メールアドレス:moritaacu@gmail.com
営業時間 AM9:00〜PM8:00
定休日 不定休
アクセス 三鷹より徒歩3分

当院facebookページはこちら
http://bit.ly/1TL7Zxy