薄い子宮内膜をふかふかにする方法

 

こんにちは!もりた鍼灸院の河野です。

 

子宮内膜の厚さは着床〜妊娠成立において

重要な因子であることはご存知のことと思います。

不妊治療のどのステップにおいても悩んでいる方は多く、

当院にも子宮内膜肥厚効果を期待して

ご来院される方は非常に多いです。

今日は子宮内膜が薄い原因から

鍼(はり)の有効性について書いていこうと思います。

 

 

 

○ホルモン量を増やしても厚くならない子宮内膜

卵胞の発育に伴い分泌される

エストロゲンの作用により

受精卵のためのベットが作られ、

排卵後の卵胞が変化した黄体から分泌される

プロゲステロンの作用により

ベットに敷くふかふかの布団が作られ、

子宮内膜が育っていきます。

 

ホルモンを増やせば子宮内膜も育つのでは?

と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

ただ、体外受精において、

過排卵刺激でエストロゲン量を増やしても

子宮内膜の厚さが変わらないこともあり、

適当量のエストロゲンと血流が保たれていれば

子宮内膜の発育は正常に進むと考えられています。

 

 

IMG_0037

 

 

 

 

○子宮内膜が薄い原因とは

着床時の至適な内膜厚は

クリニックによって基準値は様々ですが、

一般に、8.2〜10mmと言われています。

 

8mm以上と比べて、

8mm未満では明らかに

妊娠率が低いという報告もあり、

不妊原因が内膜厚ならば、

原因を取り除けたらベストですよね。

 

子宮内膜が薄い原因が明らかなものは、

・クロミッドの副作用によるもの

・流産後掻爬術後など機械的なダメージによるもの

があります。

 

逆に、原因不明とされるものについては、

〝血流不全”が関係していると考えられています。

 

 

 

○子宮内膜をふかふかにするためにできること

子宮内膜を厚くする方法として、

アスピリン、ビタミンE、アルギニン、バイアグラ、

G-CSFなどが報告されています。

 

G-CSFを除いては、

血流を良くすることによって、

内膜を増殖させるという考え方です。

 

血流を良くする方法として

効果が上がるだけでなく、

身体に対する負担も鍼の方が少ない上に

自律神経のバランスを整えることが可能です。

当院ではエコーを用いて

血流を確認しながら施術を行います。

 

 

 

○まとめ

着床に適した子宮内膜厚にするためには、

血流を常に良い状態に保つことが重要だと考えられています。

 

血流を悪くする要因として、冷えや精神的ストレス、

肉体的ストレス(長時間座りっぱなしのデスクワークなど)、

全身の筋肉の凝りなどが挙げられます。

 

鍼刺激が加わると、自律神経の反射が起こり、

血管は拡張し凝っている筋肉は緩むので、血流が良くなります。

 

また、様々な流派の鍼灸がある中で、

トリガーポイント鍼治療は血流改善効果が高いと自負しております。

 

子宮内膜を厚くする方法として、

身体への負担も少なく妊娠しやすい身体へと導いてくれる

鍼灸を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

不妊鍼灸については下記のLINE@またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

LINE@ID:@nfc2885u

TEL : 0422-26-8338
 

友だち追加

 

 

○参考書籍

・データから考える 不妊症・不育症治療-希望に応える専門外来の診療指針 (メジカルビュー社)

・病気が見えるvol.9 婦人科・乳腺科 (メディックメディア)

○参考文献

・薄い子宮内膜 日産婦誌64巻9号 高崎 彰久

・薄い子宮内膜の原因と対策 日産婦誌609号 東口 篤司

 

 

人気の記事

自宅で簡単にできるゴルフボール妊活

ホルモン補充周期の移植後基礎体温について

流産後のお休み周期中の過ごし方

 

 

 

もりた鍼灸院

住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号
電話番号 0422-47-8538
メールアドレス:moritaacu@gmail.com
営業時間 AM9:00〜PM8:00
定休日 不定休
アクセス 三鷹より徒歩3分

当院facebookページはこちら
http://bit.ly/1TL7Zxy