原因不明不妊の隠れた原因は?

 

 

 

クリニックで一通り検査を受けても不妊原因が見つからなかった場合、原因不明不妊と診断されます。

しかし「原因不明不妊=不妊原因がない」ということではありません。

 

 
検査では、そもそも調べることのできる不妊症の原因が限られているのです。
排卵された卵子が卵管に取り込まれない『ピックアップ障害』、精子と卵子が出会っても受精しない『受精障害』、卵子の質が影響し受精卵の成長が途中で止まってしまう『分割ストップ』などは、体外受精に進んでみて初めて明らかになる不妊原因です。

 

 
上記した、検査ではわからない隠れた不妊原因を仮に持っていたとしても、その原因をパスできた周期を迎えることで、自然妊娠する可能性は否定できません。

 

 

不妊鍼灸はその可能性を底上げする存在にもなりえます。
坐骨神経痛の鍼治療から妊娠、出産まで至った患者さまの治療体験をご紹介します。
ご協力いただきありがとうございます。

 

 
坐骨神経痛と不妊がどう関係しているの?と疑問に思う方も多いと思いますが、
実は、治療を進めていくと妊娠する方が多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

○患者様の治療体験記

 

 
一通りの検査を受けて、特に問題がなく原因不明の不妊症と診断されました。
できれば助成金の範囲内で授かりたいと考えていましたが、体外受精5回試みるもなかなか妊娠まで至らず半ば諦めかけていました。妊活は一旦お休みをして、坐骨神経痛の治療に専念しようと不妊鍼灸と痛みの治療に特化した治療院を知人から紹介してもらい、伺わせていただきました。

 
坐骨神経痛に関しては、整形外科では痛み止めを処方されるだけで根治には繋がらず、整体、カイロ、ツボや経絡への鍼灸、オイルマッサージなどいろいろ試したけど、日常生活をかろうじて送れるようになった以上は回復せず、どの治療家からも現状維持しかないと言われていました。河野先生からは初診時にまずトリガーポイント治療と今まで受けてきた鍼治療との違いを説明されました。妊活も坐骨神経痛も半ば諦めていたところでしたが、長期慢性化していた頑固な痛みは、お陰様で週に一度思い出す時があるかどうかまで消えました。それと同時期に自己流のタイミング法で授かることができました。
半ば諦めかけていた妊活と坐骨神経痛による痛み、諦めなくて良かったと、心から感謝しています。

 

 

 

 

○鍼治療により骨盤内の血流が良くなったことが妊娠の要因?

 

 
不妊治療をしている患者さんの骨盤内の血流をエコーで確認すると、
血管が細くなっていることが臨床的に多く見受けられますが、
〝筋肉の凝り〟が骨盤内の血行を悪くしている原因の一つと考えられます。
長時間座り続けてのデスクワークや冷え、同じ動きの反復により筋肉は凝り固まってしまい、栄養を送り届ける血液の流れが悪くなってしまうと、坐骨神経痛などの体の痛み、ひいては不妊に繋がってしまうことがあります。
今回の症例は、坐骨神経痛の治療でお尻に鍼刺激を加えたことで、骨盤内の血流が良くなり妊娠まで至ったと考えられます。

 

(※鍼刺激とは鍼特有の響きのことで、体の中でズーンと重たくなるような、筋肉だけを摘まれているような痛気持ちいい感覚のことです。)
ズーンと響かせることで自律神経の反射が起きるので血管が拡張します。
筋肉の凝りをとることが、血流を改善し、妊娠しやすい体への第一歩と考えられます。

 

 

 

 
○まとめ
いろんな鍼灸のやり方がある中で、
〝本当に効果のある不妊鍼灸〟をみんなに知ってもらいたい。
そんな思いで日々努めております。
もし、不妊鍼灸やってみようかな?
と思っている方は是非当院に任せてほしいです。
皆さまが1日でも早く子宝に恵まれますように…

 

 

 
お問い合わせは下記のお電話、LINE@にてお待ちしております。
不妊治療専用ダイアル:0422-26-8338
LINE@:@nfc2885u

 

 

 

 

 

 

 

もりた鍼灸院

住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号
電話番号 0422-47-8538
メールアドレス:moritaacu@gmail.com
営業時間 AM9:00〜PM8:00
定休日 不定休
アクセス 三鷹より徒歩3分

当院facebookページはこちら
http://bit.ly/1TL7Zxy