基礎体温を整えることで妊娠率って上がるの?

こんにちは!もりた鍼灸院です。

 

今回は女性の身体と基礎体温について、トリガーポイント鍼療法との関わりも含め書いていきます。基礎体温を測る事で女性の身体をコントロールしている女性ホルモンの働きを確認できます。

 

 

 

○まずは・・基礎体温についての基礎知識

基礎体温には低温層と高温層があり、生理周期が28日の場合、生理が始まってから約二週間が低温層でその後の二週間が高温層です。

 

低温層で分泌される女性ホルモンは主にエストロゲン(卵胞ホルモン)です。この時期に子宮内膜は徐々に厚くなり、卵巣では卵胞の大きさが増していきます。卵胞が十分な大きさになると、卵胞を破って卵子が出てきます。これを排卵といいます。

 

排卵後、卵巣に残った卵胞が黄体に変化します。黄体から分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)が視床下部の体温調節中枢に作用して、体温が上昇します。低温層より0.3度以上の体温の上昇が7日以上継続すると言われるのが高温層です。※基礎体温表に36.7度に境界線が引かれているのを見かけますが、体温には個人差があるので高温層を36.7度以上とするのは誤りです。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)は受精卵が着床しやすい様に、子宮内膜をふかふかにして妊娠の準備をします。妊娠が成立しない場合、体温は低温期に入り子宮内膜が剥がれ落ちて次の生理になります。

 

 

 

image1 (2)

 

 

 

○基礎体温の測り方

基礎体温は外気温に影響を受けにくい、朝目覚めた時の寝たままの状態の舌の裏側で婦人用体温計を用いて測定します。舌の裏の中央にある筋の右か左のくぼみに当てて測り終えるまでじっとしておきましょう。正確に測るためには朝同じ時間に測るのが望ましいです。

 

 

 

 

 

 

○基礎体温をトリガーポイント鍼療法で整えましょう

週一回、半年間(個人差あり)、おしり周りのトリガーポイント形成部位に鍼をする事によって基礎体温が理想の形になり、その後妊娠したとの報告をよくいただきます。実際にそんな論文はあるのだろうか?といろいろ探してみると、本当にありました。森田先生のトリガーポイント鍼療法で基礎体温を二層性にする卒業論文も拝見しました。

 

(症例1)32歳女性/不妊歴半年
最初の頃は低温層が長く続いて、高温層が短い周期だった。2、3ヶ月後には高温層が明確に見られるようになってきたが、まだ低温期が長い状態が続いている。さらに治療を進めるに従い、低温期と高温期の形は、6ヶ月くらいのところで、だいたい整ってきて、この後妊娠した。1)形井秀一,他 女性と鍼灸-婦人科領域の鍼灸治療-2001.2.1

個人差個体差があるので、半年で基礎体温が整う方もいれば時間をかけて整ってくる方もいらっしゃいます。私自身ストレスを感じてる月と比較的ストレスを感じなかった月では、生理前の体調が全然違います。自分の身体でさえ同じパターンはなくこれだからこうだ!と規則性もありません。女性の身体は一人一人違った反応が出るので難しい部分でもあります。

 

 

○まとめ
・生理が始まって二週間が低温層で、排卵後二週間が高温期
・低温層でエストロゲン(卵胞ホルモン)の作用によって子宮内膜を徐々に厚くしていき、同時に卵胞(卵子を包んでるカプセル)を育ててる
・卵胞が十分に大きくなると排卵をし、排卵をきっかけに体温は上昇する
・高温層でプロゲステロン(黄体ホルモン)の作用により子宮内膜をふかふかにして妊娠に備える
・妊娠した場合は高温層が約17日以上続く
・基礎体温は目覚めた直後に専用の婦人体温計を用いて、舌下で測定する
・トリガーポイント形成部位に鍼をする事で基礎体温が二層性になり妊娠率が上がる

 

 

 

不妊でお困りの方は下記メールにてお気軽にお問い合わせください。

 

 

もりた鍼灸院

住所 東京都三鷹市下連雀3-44-13 ライオンズプラザ三鷹 402号
電話番号 0422-47-8538
メールアドレス:moritaacu@gmail.com
営業時間 AM9:00〜PM8:00
定休日 不定休
アクセス 三鷹より徒歩3分

当院facebookページはこちら
http://bit.ly/1TL7Zxy